放射線科

放射線科について

放射線科は、病院理念である救急から在宅までの病院目標に基づき、地域の急性期医療に応えるため24時間・365日いつでも検査に対応できる体制を整えています。
現在の医療においては、的確な診断を行うために画像診断は必要不可欠です。医師・看護師・放射線技師と連携しながら、患者さんの診療に役立つ画像の提供に日々努めています。
検査を受ける際、わからない事や不安な事があればお気軽にお尋ねください。

医師紹介

とぎた かつのり

磨田

勝範

役 職放射線科部長
出身校大分大学
専 門放射線科
資格・認定 日本医学放射線学会放射線診断専門医
コメント 丁寧な読影を心がけています。

設備紹介

一般撮影装置

一般撮影とはレントゲン撮影のことで、胸部・腹部・骨など全身の単純撮影を行います。撮影した画像は各診察室などでモニターにより確認でき、過去のデータとの比較も容易に行うことができます。

 

透視撮影装置

一般のレントゲンで写らない部位に造影剤を使用して、透視画像をテレビモニターで見ながら詳しく検査を行います。当院ではデジタルX線透視装置を導入し詳細に検査をする事が出来ます。 食道、胃、注腸検査ではバリウムと空気による二重造影法によって消化管粘膜の病変をX線写真として撮影します。
また、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)や骨折や脱臼の透視下での整復などさまざまな検査や処置を行っております。

 

CT

360度方向から人体を透過させたX線に対してコンピューター処理を行い、輪切り(横断面)の画像を得る検査です。断面像を再構成することで3次元画像を構築することも可能です。脳・頭蓋骨などの頭部、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部、血管、四肢など様々な部位の検査に用いられます。

CT検査を受けられる方へ

MRI

X線を使用せずに強力な磁力と特殊な電波を利用し、体内を任意の断面で得ることができる解剖学的、質的診断にきわめて有効な検査です。
頭部、脊髄、関節、腹部などさまざまな部位の検査が可能で、急性期脳梗塞の検出や造影剤を使用せずに頭頸部の血管や胆嚢、膵胆管を描出することができます。
レントゲン撮影だけでは分かりにくい骨折や筋肉の炎症、靭帯の状態もよく分かります。
検査時間は部位により異なりますが、おおよそ20~30分ぐらいです。ただし検査の内容により長くかかる場合もあります。

MRI検査を受けられる方へ

マンモグラフィ

乳房専用のX線装置です。しこりとして触れないような早期の病変や、それに伴って発生する石灰化の影を見つけることができるため、早期乳がんの発見に非常に有効です。「検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師」の資格を取得している診療放射線技師が担当しますので、安心して検査を受けて頂けます。