看護部 教育制度

教育制度

看護部の理念に基づき、安全で質の高い看護サービスを提供できる看護職員育成のための教育計画を立案し、その実施・評価を行っています。
教育目標として、経験年数に沿った臨床実践能力目標の達成に向け、計画・実践・評価し、看護職員の人的資源になる人材を育成。院内の人材を活かし、専門職として個人のキャリア開発に向けての支援を行い、また看護研究および看護実践報告を通して看護の本質を探り、組織全体の資質向上を目指しています。研修方法として講義・実技研修・看護研究または看護実践報告・院外研修への参加を行うほか、e-ラーニング、クリニカルラダーの導入により、継続教育の充実を行い、看護職員の成長をサポートしています。

新人教育について

新人研修は、教育理念である安全で質の高い看護サービスを提供することに基づき、『基本的看護技術について、必要な知識をふまえて実施方法を習得し、安全安楽に実施できる』ことを目的に、年間計画を立てて研修を行い基礎看護技術習得のために教育の充実を図っています。
主に研修責任者及び各部署の主任である研修担当者が講師となり研修を行っていますが、検査技師や薬剤師、理学療法士と専門分野に関しても講師を依頼し、講義や実技の研修会を開催しております。
その後は配属部署でOJTと自己学習・シミュレーションを使って基礎看護技術の習得から部署の看護技術や看護について学習を進めています。十善会病院全スタッフで、新人さんを育てるよう協同して研修を行っています。

研修計画

十善会クリニカルラダー