地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟は、急性期病院を退院する病状が安定した人に対して、在宅や介護施設への療養に向けた医療や看護、リハビリなどの復帰支援を行う病棟で、急性期病棟と自宅退院の間にある病棟といわれています。

当院には2つの地域包括ケア病棟があり、入院できる最大日数は60日=約2ヶ月と決められているため、60日以内に退院できるように治療やリハビリ、退院支援を行っています。また、退院後に安心して生活が送れるように、患者さんやご家族の方とお話をしながら、多職種でチームとなり協働して退院支援を進めています。

さらに、在宅などで介護中の方に対して、レスパイト入院も行っています。レスパイト入院とは通常の入院とは異なり、医療行為を目的とはせず、介護度の高い患者さんを自宅で介護しているご家族に「休んでもらう」ための入院です。在宅介護をご家族がしている場合に、ご家族が家を空けなければならないときや、介護疲れを癒したいときなど、「在宅医療を支えるための入院」として利用されています。

開放病床について

開放病床とは、当院の施設・機能の開放の一環として、病床の一部を診療所のかかりつけの先生に開放し、当院の医師と共同で診療を行うもので、当院では5床提供しています。日頃から身体情報をよく知っているかかりつけの先生も診療に携わるため、より安心して診療を受けていただくことができます。また、かかりつけの先生方も入院中の経過を十分に把握できるため、退院後もスムーズに診療継続ができます。

当院に登録いただいている先生方に利用していただいておりますので、登録を希望される先生は、地域連携室までご連絡をお願いします。

お申し込み方法

※利用される場合は、紹介の際に、患者様へ説明と同意を得た上で、お申し込みください。

お問合わせ先

地域連携室(直通)
電話番号:095-801-2599
FAX:095-801-2590