看護部について

看護部長メッセージ

看護部長 認定看護管理者

馬渡 いつ子

当院は創立明治8年、古くから長崎市の救急医療を担った病院として地域に貢献しています。看護部は、患者様が安全で信頼のできる医療・看護が受けられるように、専門職としての知識・技術を深めるための努力を、日々行っております。このたび、新たな地域への移転に伴い「少子高齢化社会」に対応できるよう地域包括ケア病床を増床し、チーム医療の充実を図っていきます。患者様が住み慣れた地域で自分らしく生活できるよう、入院前から在宅まで、一人ひとりの心に寄り添った切れ目のない看護を展開していきたいと考えております。

看護部理念

救急から在宅まで全ての患者様の看護過程を展開し、患者・職員共に満足する看護を提供する

〜患者・ご家族様一人ひとりの心に寄り添った看護〜

基本方針

  1. 安全で質の高い専門的看護を提供する
  2. 働き方改革を推進し、職員の定着支援を図る
  3. 人材育成と継続学習を推進し、主体的なキャリア開発を図る
  4. 多職種との連携機能を推進し、地域包括ケアシステムの構築を図る

看護部の特色

認定看護師紹介

脳卒中リハビリテーション看護

田栗 寛子

緩和ケア

野口 明子

がん化学療法看護

浅山 佳子

感染管理、認定看護管理者

馬渡 いつ子

訪問看護

宮﨑 郁子

(訪問看護ステーション)