各委員会の活動

各委員会の活動

【医療安全対策委員会】

メンバー構成

病院長、医療安全管理室長(副院長)、医療安全管理者、医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者、感染対策委員長、看護部長、健康管理センター長、事務管理部総務課部長、事務局長、医師、検査部、栄養部、地域連携室

組織と体制

当院の医療安全管理体制は、病院全体の医療安全を管理・指揮する医療安全管理対策委員会、各部署のリスクマネージャーが構成員となり安全な医療について検討を行なう医療安全部門委員会、医療安全管理室からなっています。医薬品や医療機器の安全管理責任者、感染対策委員会、その他各委員会とも連携し、医療安全の体制を整備しています。

具体的な活動内容

  1. インシデント報告の集計・分析、改善策の立案
  2. 医療安全に関する研修会の実施
  3. 医療安全院内ラウンド
  4. 転倒・転落プロジェクト会議
  5. 医療安全に関する最新情報の把握と職員への周知
  6. 院外との情報交換

    詳細はこちらをご覧ください➡ 医療安全管理室にリンク

【ICT(Infection Control Team)】

メンバー構成

感染管理医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師

活 動

院内で起こるさまざまな感染症から患者・家族、職員の安全を守るために週1回会議とラウンド、現場への対策の指導を行い、組織横断的な活動を行っています。そのうち月2回は、リンクナースとも合同で活動し、情報共有や連携を図っています。

具体的な活動内容

  1. 医療関連感染に関する情報収集と評価(耐性菌、手指衛生サーベイランスなど)
  2. 感染対策マニュアルの作成、改定
  3. 院内ラウンドとフィードバック
  4. 感染対策研修会の開催
  5. 特定抗菌薬の使用量監視、適正使用の推進
  6. 感染管理、コンサルテーション
  7. 職業感染防止対策の実施
  8. アウトブレイクの防止と発生時の早期制圧(必要時疫学調査など)

【医療機器安全管理委員会】

- 医療機器に関する安全性を高めるために -

地域の医療ニーズに応えるべく、当院でも多くの高度医療機器が稼働しています。それら医療機器に関する安全性を高める為、当委員会が設置されています。

メンバー構成

委員長:麻生副院長

委 員:臨床工学技士、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師

具体的な活動内容

十善会病院における全ての医療機器において、職員が患者様に安全に使用できるように管理を行うことを目標に活動しています。専門の臨床工学技士が中心となり、院内のすみずみで稼働する高度医療機器を一元的に中央管理し、不測の故障や、病棟間の偏在を防止する体制を整えていきます。また医療機器は、患者さんの容体の変化により突然その出番が回ってくるため、いつでも最良のコンディションで使用できるようにメンテナンスを行い、始業点検の実施や、職員が使い方を誤らないよう取り扱いに関する指導をするなどして、安全性を高めるよう努力しています。

【医療ガス安全管理委員会】

メンバー構成

委員長、麻酔科医師、薬剤部長、看護師、臨床工学技士、事務職員

委員長は病院長とする。

活 動

院内において診療、設備等に用いる医療ガス(酸素、亜酸化窒素、治療用空気、吸引、二酸化炭素、手術機器駆動用窒素等)の安全管理を図って、患者様の安全を確保することを目的に設置された委員会です。医療法施行規則に基づき、その危害を防止するために必要な事項を定め、もって患者様、職員等の安全を確保しています。

具体的な活動内容

  1. 委員会開催
  2. 職員安全講習会
  3. 総合設備点検
  4. アウトレット点検
  5. 日常点検

【NST(栄養サポートチーム)】

メンバー構成

医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士、検査技師、医療事務

具体的な活動内容

医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士、検査技師、医療事務がチームを作り、主治医や病棟看護師等と連携し、

  • 病状にあった経管栄養や輸液の内容
  • 嚥下(えんげ:飲み込み)状態に適した食事や栄養補助食品

などを検討し、プランを作成しています。
毎週火曜日に、栄養サポートが必要な患者さんについてカンファレンス・ラウンドを行い、栄養面からのフォローをしています。

【褥瘡対策委員会】

メンバー構成

医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士

活動内容

「褥瘡」とは、寝たきりなどによって、体重で圧迫されている場所の血流が悪くなったり滞ることで、皮膚の一部が赤い色味を帯びたり、傷ができてしまうことです。 褥瘡対策委員会では、「褥瘡を発生させないように」また「早期治癒」を目指して、週1回の褥瘡回診と、月1回の褥瘡対策委員会を開催しています。

褥瘡回診

毎週金曜日に、医師、専任看護師、薬剤師、管理栄養士で回診を行っています。

褥瘡対策委員会

毎月第4木曜日に、医師、専任看護師、各病棟担当看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士が集まり、対策を討議・検討し、その効果的な推進を図るため評価を行っています。

院内褥瘡研修会

研修の計画的な実施によって、院内スタッフのスキルアップを図っています。

【摂食嚥下委員会】

メンバー構成

医師(呼吸器内科・脳神経外科・消化器内科)、言語聴覚士、病棟看護師、管理栄養士

具体的な活動内容

特徴としては入院時全ての患者さまに嚥下スクリーニングを医師、看護師、言語聴覚士の順で行い、嚥下支援を必要とされる方への介入を行っています。この取り組みを地域へも広げて行きたいと考えています。

【入退院支援推進委員会】

メンバー構成

準備中

活 動

準備中

具体的な活動内容

準備中

【排尿自立支援委員会】

メンバー構成

泌尿器科医師、看護師、理学療法士、薬剤師、医事課

具体的な活動内容

排尿ケアチームとは、各病棟で生じた排尿自立障害に対処する活動を行うチームです。
膀胱留置カテーテルを抜去後に尿失禁・尿閉などの下部尿路機能障害の症状を有する、あるいは見込まれる患者さんを対象とし、早期抜去によりQOLの向上や尿路感染症発生の減少を目指すことを目標として活動をしています。

【医療放射線安全管理委員会】

メンバー構成

医師、看護師、放射線技師

具体的な活動内容

放射線診療は医療において重要な役割を果たしていますが、不利益となる健康影響を患者さんに与える可能性があることに留意しなくてはなりません。
当委員会では、患者さんが安心して放射線検査を受けられることを目的に、撮影プロトコルの管理、放射線診療従事者の研修の実施、患者さん及び放射線診療従事者の被ばく管理、線量記録を行い、患者さんの医療被ばくを最適化するための実務を行っています。

【がん化学療法委員会】

メンバー構成

準備中

具体的な活動内容

準備中

【がんサポートチーム(緩和ケア委員会)】

メンバー構成

医師、病棟・外来看護師、薬剤師、リハビリ

具体的な活動内容

2017年より院内での活動を開始しました。医師、病棟・外来看護師、薬剤師、リハビリなど多職種で構成されています。特に看護師は専門の学習をしてきた、緩和ケア認定看護師とがん化学療法認定看護師の2名が在籍しています。活動としては、月2回(第1・3木曜日)にチームカンファレンスを開催し、入院・通院中の患者さんだけでなく、ご家族の方も含めて苦痛なく安心して過ごしていただけるように、介入・支援について検討を行っています。さらに、緩和ケアの研修会を開催し、院内の緩和ケアに対する理解・知識の向上を目標に活動を行っています。

【地域連携推進委員会】

メンバー構成

医師、看護師、薬剤師、地域連携室、放射線科、リハビリテーション課など

具体的な活動内容

主に対外的な「広報」や「訪問」を通じて、地域の方々との連携強化を図る事を目的としています。当院の特色を地域住民さまや医療・介護・福祉など多方面に広く知って頂き、安心して通院・入院が出来るよう取り組んでいきたいと考えています。地域連携講演会を定期的に開催し、関連医療機関・施設等との連携も行っています。