DPC臨床指標

DPC臨床指標

はじめに

DPC臨床指標とは、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいて作成した指標のことで、病院の実態をあらわす診療実績とは異なるものです。DPC臨床指標の公開の目的は、皆様に当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことです。こうしたデータをもとに当院では、さらなる医療の質向上に向け、質改善活動を行っております。
当院では指標の公開にあたり、医療機関ホームページガイドラインを遵守しております。

対象

DPCデータによる病院指標(令和元年度)

年齢階級別退院患者数​

年齢区分0〜10〜20〜30〜40〜50〜60〜70〜80〜90〜
患者数-35746098193418567792301

上記の統計には労災、交通事故、地域包括ケア病棟のみに入院された患者さんは入っておらず実際の人数より少なく表示されています。当院には小児科がないため中学生以下の内科的疾患には対応困難ですが、外科的症例で10代の入院が増えました。
例年通り退院患者の80%以上を60歳以上が占めており80代・90代の入院が増加しております。
病院指標公表のルールに基づき10以下の場合はハイフン(ー)表示しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
040081xx99x00x誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし9830.3720.8423.47%86.28
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし7022.8912.588.57%82.17
050130xx99000x心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし6929.1217.717.25%86.28
060380xxxxx0xxウイルス性腸炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0567.615.393.57%52.41
060100xx01xx0x小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
-処置1:0-処置2:0-副病:なし
382.52.630.00%67.95

昨年に引き続き大腸ポリープ切除術の症例が一番多くありました。原則1泊2日パスを使用し術後出血などに注意しながら効率よく質の高い医療を行っています。
胃瘻造設は他院からの紹介が多いため転院率が高くなっています。急性の胆管炎で入院される方の内視鏡的胆道ステント留置術も行っています。

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
060160x001xxxx鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術
鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0
2344.854.35%70.43
060330xx02xxxx胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:0-処置2:0-副病:0126.256.370.00%60
060150xx99xx0x虫垂炎-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし107.36.9420.00%42.1
060210xx99000xヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし108.58.8920.00%69.9
060150xx03xxxx虫垂炎-虫垂切除術
虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0
-----

外科では鼠径ヘルニア手術が最多となりました。鼠径ヘルニア、胆のう結石、虫垂炎に関して腹腔鏡手術を採用し患者さんの身体的負担を軽減し1日でも早く社会復帰できるようにしています。
病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし3531.2919.414.29%79.8
160780xx97xx0x手関節周辺の骨折・脱臼-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:なし26104.110.00%39.27
070160xx01xxxx上肢末梢神経麻痺-手根管開放手術等-処置1:0-処置2:0-副病:02516.524.70.00%67.32
160980xx99x0xx骨盤損傷-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:02233.5919.5913.64% 78.73
160760xx97xxxx前腕の骨折-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:01820.895.545.56%68.67

整形外科では例年、胸椎・腰椎圧迫骨折が第1位です。骨盤骨折と共に平均年齢も高く、内科的合併症を伴うことも多いため在院日数増加の要因となっていますが地域包括ケア病棟を活用し自宅への復帰を支援しています。
また手外科専門医による手疾患の症例が多くその他を占めています。

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
080010xxxx0xxx膿皮症-処置1:なし-処置2:0-副病:01214.9212.550.00%61.92
070010xx970xxx骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)-その他の手術あり-処置1:なし-処置2:0-副病:0-----
100100xx97x0xx皮膚潰瘍-手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0-----
070380xx01xxxxガングリオン-関節滑膜切除術等-処置1:0-処置2:0-副病:0-----
180060xx97xxxxその他の新生物-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-----

形成外科では、体の各部位にできた皮膚、皮下の腫瘍、腫瘤の切除目的で入院される患者さんが多く2位、3位、5位がこれにあたります。
1位の膿皮症は皮膚とその下にある皮下脂肪にかけて、細菌が入り込んで、感染する皮膚の感染症です。
病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
010060x2990401脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は27624.4916.1342.11%73.43
010230xx99x00xてんかん-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし5511.867.11.82%66.64
160100xx99x00x頭蓋・頭蓋内損傷-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし4412.647.3415.91%71.27
160100xx97x00x頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし3615.429.6711.11%77.19
010040x099000x非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし3125.6518.8161.29% 75.03

脳外科では脳梗塞で発症から48時間以内に入院となりエダラボンを使用した患者さんが増加しました。検査、治療のあと当院での急性期リハビリを経て回復期リハビリ目的に転院する患者さんが40%います。「頭蓋、頭蓋内損傷」は頭部打撲などの外傷を表し手術の有無を分けなければ一番多い症例となります。
手術ありは外傷性慢性硬膜下血腫で慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を行った患者さんが主ですが、軽微な縫合のみの患者さんも含まれます。

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢
110080xx991x0x前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:0-副病:なし342.032.490.00%73.21
110070xx02020x膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし216.767.250.00%73.29
110200xx02xxxx前立腺肥大症等-経尿道的前立腺手術等-処置1:0-処置2:0-副病:02010.48.5215.00%74.65
110070xx0200xx膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし-副病:0156.077.070.00%71.2
11012xxx99xx0x腎結石、尿管結石、水腎症等-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし133.236.710.00%50.69

前立腺癌を診断する前立腺生検目的で入院する患者さんが最多でした。クリティカルパスを使用し1泊2日の検査入院で結果は外来で説明となります。
2位と4位に膀胱癌・悪性腫瘍手術があり化学療法の有無で分かれています。リスクの高い患者さんについては癌の残存率、再発率低下のため2度膀胱腫瘍切除を行います。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌-------8
大腸癌-------8
乳癌-------8
肺癌-------8
肝癌-------8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌すべての症例で入院がありますが、病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症157.4756.07
中等症4117.4681.73
重症---
超重症---
不明---

成人市中肺炎において軽症は比較的若年であり外来治療が基本となります。
症例によっては入院となりますが概ね速やかに改善できています。
中~超重症例においては高齢でかつ慢性呼吸器疾患を基礎に持つ方も多く、呼吸器および感染症の専門医と連携して適切な治療を行っています。入院期間も長期化する傾向にありますが当院では地域包括ケア病棟を活用し十分なリハビリを行い自宅への退院を支援しています。
病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内15928.7877.1341.71%
その他2817.3977.214.81%

脳血管の閉塞、狭窄によって血集低下を来たし発症するものを脳梗塞と言います。
その多くは3日以内に入院となっていますが、高齢独居等の理由で発症から3日以上経過して入院となる場合もあります。
約4割の患者さんが合併症の治療や回復期リハビリ目的で転院しますが当院の地域包括ケア病棟で治療継続される患者さんもいます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)380.161.240.00%68
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)1619.2519.3887.50%85
K6871内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)112.3611.820.00%77.91
K654内視鏡的消化管止血術100.626.440.00%71.4
K688内視鏡的胆道ステント留置術103.423.30.00%88.2

昨年に引き続き大腸ポリープ切除術の症例が一番多くありました。原則1泊2日パスを使用し術後出血などに注意しながら効率よく質の高い医療を行っています。
胃瘻造設は他院からの紹介が多いため転院率が高くなっています。急性の胆管炎で入院される方の内視鏡的胆道ステント留置術も行っています。

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K6335鼠径ヘルニア手術17020.00%70.65
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術141.795.937.14%63.36
K718-21腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)-----
K634腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)-----
K7193結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)-----

外科では鼠径ヘルニア手術が最多となりました。鼠径ヘルニア、胆のう結石、虫垂炎に関して腹腔鏡手術を採用し患者さんの身体的負担を軽減し1日でも早く社会復帰できるようにしています。
病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K1882神経剥離術(その他)230.0915.740.00%67.52
K0732関節内骨折観血的手術(手) etc.162.4427.7512.50%66.94
K0733関節内骨折観血的手術(指)12013.50.00%43.33
K0462骨折観血的手術(前腕) etc.101.719.810.00% 54.5
K0463骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 etc.-----

整形外科では手外科専門医による神経剥離術などて外科手術や高齢者の骨折の手術症例が多くなっており地域包括ケア病棟を活用しリハビリの充実を図っています。
病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K0701ガングリオン摘出術(足) etc.4020.00%54.75
K0052皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)-----
K0053皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)-----
K0063皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)-----
K2191眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)-----

外来にて可能な手術に関しては日帰り手術にて行っています。
2位から4位までは皮膚、皮下にできた良性の腫瘍を摘出する手術で腫瘍の大きさが違うためそれぞれの集計となっています。
病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術230.9115.138.70%75.00
K6092動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)198.1113.3721.05%75.63
K1771脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)102.623.230.00%62.30
K6101動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈)-----
K1643頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)-----

脳外科で一番多い手術は慢性硬膜下血腫でした。慢性硬膜下血腫とは頭部打撲を契機として1~2ケ月後に頭蓋骨と脳の間に血液が徐々に貯留、増加してくる病態です。局所麻酔の手術を行い、通常1週間程度で退院可能です。
当院の平均術後日数が長いのは高齢者が多いため合併症などが影響しているものと思われます。
病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)400.45.832.50%73
K8411経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)210.438.7114.29%75.29
K783-2経尿道的尿管ステント留置術150.937.8720.00%68.53
K773腎(尿管)悪性腫瘍手術-----
K775経皮的腎(腎盂)瘻造設術-----

経尿道的膀胱悪性腫瘍手術が最多となりました。紹介も多く手術件数が増加しており平均年齢も若干高くなっています。病院指標公表のルールに基づき症例数が10未満の場合はハイフン(ー)表示しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる--
180010敗血症同一--
異なる--
180035その他の真菌感染症同一--
異なる--
180040手術・処置等の合併症同一--
異なる--

この指標は医療の質の改善に資するため臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべき4症例です。
手術・処置等の合併症とは、手術後退院した患者さんが、創離開や再出血などで再入院された場合をいいます。
当院では発生なし、または10症例未満のため病院指標公表のルールに基づきハイフン(-)で表示しています。